FC2ブログ

Contents

外壁工事

いよいよ外壁工事が始まり、外観の様子がわかりはじめました。
外壁工事


2階の床の下には防音と調湿を兼ねて自家製の炭を入れました。
2階床下地
スポンサーサイト



断熱工事

H21.08.08付
建前から2週間。いま断熱工事が進んでいる。
新潟は夏の暑さと冬の寒さ、なかでも冬の季節風と3メートル前後降り積もる雪への対策と、家づくりの条件はかなり厳しい素材の選択眼と確かな技術が求められる。今回は断熱の欠損を少なくするために、外断熱の欠点(※)を見据えた中で、外貼り断熱を採用しつつも充填断熱をするという、いわば独自の半外断熱工法をとっている。そして夏の照り返し対策も考慮して、屋根面と西側だけは遮熱断熱効果の高いアルミ蒸着フィルムを断熱材の外側に施工した。
星野邸断熱01   星野邸断熱04


…先日8月3日に長岡花火を見に行ってきました。
  天地人花火・フェニックスは最高でした!
  身体に花火の音が響き歓声がすごかったです。
  長生橋のナイアガラ花火と三尺玉もとてもきれいでした。
  8月22日は小千谷の花火
  9月9日・10日は小千谷市片貝町の花火です。
長岡花火09天地人花火

上棟した古民家風にもみえるモデルハウス

8寸から6寸の大黒柱、小黒柱、出幅1メートルの軒の深さ、引き戸を多用して変幻自在な空間構成の間取り、暖房は薪ストーブ1台でという考えが、中心コンセプトである。
「森の息吹きを感じる家」「木組みでつくる和モダンの家」。周囲の皆さんからは、いろいろなネーミングが寄せられているが、とにかく「原点回帰の家」という意識で、建てさせていただいているつもりである。
昨年来さまざまな閉塞感も漂う世の中にありながら、忘れ去られた日本の美意識、効率化&経済成長の中もしかしたら私達が忘れかけている家づくりの基本を、ここで再認識する家になるようにと願って・・・。
星野邸構造04  星野邸構造03  星野邸構造01   星野邸構造02